太陽光発電の雨漏りトラブルについて

太陽光発電の雨漏りトラブルとは?


太陽光発電の導入におけるトラブルの中で一番多いのが、雨漏りトラブルです。太陽光発電システムを導入した後で、雨漏りをするようになってしまった家庭は以外にも多いです。

太陽光発電が原因による雨漏り


太陽光発電パネルはかなりの重量がある


太陽光発電パネルの重さは、メーカーによっても異なりますが、1枚当たり15キロ〜20キロと言われています。これを何枚も屋根の上に乗せるわけですから、トータルで300キロ〜500キロになるケースが大半です。屋根によっては太陽光発電パネルの重さに耐えきれずに、補強工事をしないと雨漏りをしてしまうケースもあるのです。

業者の力量が試される


太陽光発電の雨漏りトラブルを防げるかどうかは、業者の力量次第になります。屋根の状態をよく理解した上で、必要に応じて補強工事を施したり、パネルの角度を変えたりなどの微調整ができる実力のある業者を選ばないと、設置後に雨漏りをしてしまう可能性があります。この点について、タイナビの登録されている業者であれば、まず心配はいらないでしょう。