太陽光発電の反射光トラブルについて

太陽光発電の反射光トラブルとは?


太陽光発電システムを導入したことで、稀にトラブルが発生することもありますが、近年増えているのが太陽光発電パネルの反射光トラブルです。パネルの反射光が近隣の住民宅を照らしてしまうと、思わぬトラブルを生んでしまうこともあります。

太陽光発電のパネルの反射光


近隣住民から訴えられるケースも


実際に太陽光発電パネルの反射光が原因で、近隣住民から訴えられたケースもあります。自分の家に設置したパネルの反射光が、隣の家の居間などを照らしてしまった場合に、眩しいと文句を言われるだけならならともかく、裁判沙汰になってしまった場合は、多額の損害賠償金を支払わなければいけなくなるケースもあるのです。

業者選びの重要性について


反射光トラブルを防ぐためには、信頼のおける業者選びが何より重要です。実際に反射光トラブルに巻き込まれるケースの大半が、訪問販売の業者から太陽光発電を導入しています。隣の家への反射光の影響を考えれるような優秀な業者を探すなら、やはり優良業者の多いタイナビを利用すべきでしょう。