太陽光発電の積雪トラブルについて

太陽光発電の積雪トラブルとは?


太陽光発電は、暖かい地域よりも寒い地域の方がたくさんの電力を生むため、豪雪地帯でも導入世帯数はどんどん増えています。しかし、導入世帯数と合わせて増えているのが、積雪トラブルです。

太陽光発電パネルの上に積雪


パネルに積もった雪が崩れ落ちたら?


積雪トラブルの中でも特に多いのが、パネルに積もった雪が崩れ落ちて、屋根の下に停車してある車や屋根の下を歩いている人を直撃してしまうケースです。このような場合、車は大破してしまうでしょうし、人は大けがをしてしまうこともあるでしょう。また、積もった雪の重量が原因で、屋根の強度が落ち、雨漏りの原因になってしまうこともあります。

しっかりとした雪対策のできる業者を選ぶことが大切


豪雪地帯で太陽光発電システムを導入する場合は、業者選びがすごく大切です。雪が積もりにくいパネルを提案してくれたり、雪が積もりにくい角度で、且つ十分な発電量を維持できるようにパネルを設置する技術が求められます。また、屋根によっては積もった雪が崩れないようにするための雪止め工事も必要です。しっかりと雪対策をできる業者を確実に選ぶなら、タイナビに頼るのが間違いないでしょう。