太陽光発電システムの耐震性について

太陽光発電システムは耐震性に強く設計されている


太陽光発電システムは、震災などの万が一の事態にも備えて設計されています。そのため、地震による大きな揺れを受けても、壊れないように設計されています。

強風や揺れにも強い太陽光発電パネル


耐震性に強い太陽光発電システム


太陽光発電システムは、大型の地震が起きても壊れません。日本は地震大国ですので、万が一の事態に備えて、どのメーカーも耐震性に強い設計をしています。実際に東日本大震災が起きた時も、家が完全に崩壊してしまった場合を除き、ほとんどの太陽光発電システムは壊れなかったと報告されています。

強風や落雷などの自然災害にも強い


太陽光発電システムは、地震だけでなく、強風や落雷などの自然災害にも強く設計されています。強風を受けてもパネルが剥がれることはありませんし、万が一落雷を受けた場合でも、誘電対策が施されているのでシステムが壊れることはありません。尚、太陽光発電システムの設置が原因で、落雷を受けやすくなるということもありません。