太陽光発電の全量買取制度について

太陽光発電の全量買取制度とは?


太陽光発電には全量買取制度というものがあります。通常、太陽光発電は余った電力のみを売電することができますが、この全量買取制度を利用すれば、発電した電力を全て電力会社に売電することができます。買電価格(通常の電気料金)よりも売電価格(電力会社に買い取ってもらえる価格)の方が高いので、全量買取制度は非常にお得な制度と言えます。

全量買取制度を利用しているパネル


一般家庭でも全量買取制度は可能


一般的に全量買取制度を利用するのは、ほとんどが法人です。10KW以上の大型の太陽光発電パネルを設置しなければいけないというルールがあるからです。しかし、一般家庭でも10KW以上の大型の太陽光発電パネルを設置することができれば、全量買取制度を利用することはできます。実際に全量買取制度を利用している一般家庭もたくさんあります。

全量買取制度を利用しなくても、あまった電力は売電ができるので、それだけでも太陽光発電にはメリットがありますが、10KW以上の大型の太陽光発電パネルを設置できるだけのスペースが屋根にあるなら、導入をした方がさらにお得でしょう。

尚、10KWの太陽光発電パネルの大きさはどれくらあるのか?については説明が難しいので、施工業者が案内に来た際に確認をしてください。太陽光発電の施工業者なら、すぐに10KWの太陽光発電システムを導入できるか否かを判断できるはずです。

■PS.優良業者を選ぶなら、無料一括見積もりサイトのタイナビがおすすめです。